【オンライン開催】
アフターコロナ時代の建築、オフィス、働き方について ~日建設計 山梨知彦氏が語る~

日時:2020年07月09日  16:00~17:30
株式会社日建設計の山梨知彦氏に、アフターコロナ時代の建築、オフィス、働き方について伺います。

受付終了しました!

INFORMATION

  • 開催日時 :
    2020年7月9日(木)16:00~17:30
  • 場所 :
    オンライン開催(YouTube配信・限定公開)
    お申込みいただいた方に参加用のURLを後日お送りします

  • 対象:
    総務系、働く場の実践事例に興味のある方、ファシリティ、建築に関心の高い方など


  • 主催:株式会社オカムラ
  • お問い合わせ:Sea_Info@okamura.co.jp
  • 参加費:無料
  • 定員:250名
  • ※定員に限りがありますのでお早目にお申込みください。
    ※弊社営業担当者宛にお申込みいただいても結構です。
    ※主催者・登壇者などの都合により、参加をお断りさせていただ場合がございます。
    ※主催者・登壇者などの都合により、イベントを中止させていただく場合がございます。
    ※聴講・作業風景の写真などは弊社サイトにて掲載させて頂く場合がございます。
    ※講義内容などの撮影、録音はお断りいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「SEA ACADEMY」は、働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場として、Seaが定期開催する公開セッションです。

はたらくに関する最新トレンドやはたらく場づくりの事例​、働き方改革に有効な外部ソリューションなどを取り上げます。

これからの時代の建築、オフィス、働き方

今回のSEA ACADEMYセミナーでは、株式会社日建設計の山梨知彦氏に登壇いただき、アフターコロナ時代の建築、オフィス、働き方について語っていただきます。
山梨氏は、国内で最も注目される日本建築学会賞・作品賞を昨年5年ぶりに受けられました。受賞作は、大小さまざまなレッスン室が収まる桐朋学園大学調布キャンパス1号館。音楽大の校舎は遮音重視で部屋も建物も密閉状態になりがちだが、「もっと内と外をつなぎたい」と考えられました。2階に20ほどの部屋を不規則に配し、地下まで「柱を通す」といったルールを設定。コンピューターに案を何度も練らせ、集落のように柔らかな空間が生まれました。「形ではなくルールを作る」新時代の建築には、自身の横浜での高校時代、管弦楽にいそしんだ経験も生かされたようです。
そんな山梨氏に、これからの時代の建築、オフィス、働き方などについて語っていただきます。

プログラム

■ゲストスピーカー
山梨 知彦 氏(株式会社日建設計 常務執行役員)

■モデレーター
佐々木 基(株式会社オカムラ スペースデザイン二部 部長)

 

16:00 イントロダクション
佐々木 基
16:10 プレゼンテーション
「アフターコロナ時代の建築、オフィス、働き方について」
山梨 知彦 氏
17:10 質疑応答
17:30 終了

 

SEA ACADEMY

働き方と働く場について、気づき、考える、まなびの場、
“SEA ACADEMY”。

最新の、そして、これからの働き方と働く場について、気づき、考える公開セッションとしてご参加いただけます。

受付終了しました!

REPORTイベントレポート

CONTACT

「これからのはたらく」を知りたい方、考えたい方、つくりたい方、相談したい方、見学したい方、仲間が欲しい方・・・
もし少しでも「ピン」ときたら、お気軽にSeaにおたずねください。